スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
レーシック参考情報
こんばんは。

本日非常に気になる記事を見つけたので、ここで紹介したいと思います。

直接レーシックとは関係の無い話しになってしまいますが、

円錐角膜の患者さんには期待できる情報だと思います。


では、こちらを参考に・・・

【続きを読む】
スポンサーサイト
[2010/01/07 20:25] | レーシック情報 | コメント(0) | page top
レーシック参考サイト
久しぶりにレーシック関連の記事です。

以前、不具合患者さん仲間からこんなサイトの情報を教えて頂きました。


「近視手術の後遺症対策研究会」

自分のレーシックに対する考え方とかなり似ていたので驚いてしまいました。

今現在、ネット上で入手できるのはあまり信憑性のない情報ばかり・・・

特に無責任に安全性を主張するアフェリエイター達のブログ・・・

また、レーシックの本当の危険性や

失敗患者の人数を公にしていないクリニックが多いこと・・・


業界の裏を知らない人から見れば安心に思えるクリニックでも、

実際には少なからず不具合患者が出てしまっているのは事実です。


このサイトは眼鏡屋としての視点から、レーシックの問題点を

公にしようと活動されている研究会です。

業界から訴えられることも覚悟して情報公開を行っています。

実際に有名クリニックに対してかなり突っ込んだ質問を行っており、

今後クリニックからの回答を非常に楽しみにしています。


レーシックは確かに簡単な手術で、

裸眼視力を手軽に手に入れれる手法だと思います。

当人も今現在ではメガネもコンタクトも使用せずに生活できています。

ただ問題のなかった左眼の乱視がだいぶ進んでいるような気がします・・・


一度レーシックを行ったからと言って、

永遠にその視力が持続する保障は全くないでしょう。

再手術が必要なだけの角膜厚が残っていなければ、

またメガネやコンタクトの生活に逆戻りしなくてはなりません。

人間の角膜という物は、年齢や生活スタイルによって日々変化していきます。

最近良く思うことは、またいつか裸眼では生活できない日が

来るかもしれない手術を安易に受ける必要はないでしょう。

レーシックを検討している方はこのサイトを参考にして

もう一度しっかり考えなおしてくれることを願っています。
[2009/12/13 23:50] | レーシック情報 | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。