スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
レーシック その11
最近レーシック体験のその後を書いていなかったですね・・・

久しぶりに進めたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いよいよ東京での検査に向かいます。
(2009年4月下旬頃の話です。)

検査は昼の2時からでした。

高速道路が渋滞することを恐れて、夜の2時に出発しました。

もちろん渋滞もなく厚木ICまで進み、

町田の近くに中学からの親友が住んでいますので

そこに車をとめさせてもらいました。

その親友にはレーシック後に不具合があることを説明していませんでしたので

1時間ほど近況報告も含めて話をしました。


その後、電車で病院に向かいました。

全国的にも有名な病院で不正乱視の治療にもかなり実績があるところです。

病院は数人の患者がいました。

まず、問診表を記入しました。

問診表を書いている時に周りを見て気付いたのですが

自分以外にも同じような問診表のアンケートを記入してる人が数人いました。

この人達も不具合が残ってしまい、ここに助けを求めに来たのかな・・・

なんて勝手に思いました。


前回のクリニックとは違った検査をいくつか受けました。

その後、先生との問診がありましたので色々と話をしました。

まず、レーシック自体は綺麗に手術がなされていると説明がありました。

また検査の結果も問題ないとのこと・・・(そんな訳ないのに・・・)


「見え方がおかしい原因は何ですか?」と質問したら、

「角膜表面が微妙に凹凸が出来ているのかもしれません。

一度ハードコンタクトを入れて、見え方に変化があるか試して見ましょう」

と言われ、コンタクトを入れました。

しかし、ゴロゴロしてまともに見れません。

それもその筈、レーシックをしたことにより

角膜は綺麗なR形状ではなくなってしまっていますから・・・

もう元の形状ではない事を始めて実感しました。


トポグラフィーの結果で右目の色の分布が均一ではないことを指摘したのですが

「むしろ左目の方が均一ではないですよ」と説明されました。

目をもう一度よく見て頂き、原因を探してもらいました。

右目に炎症を起こした痕が少し残っていますので、それが原因ではないかと診断されました。

数種類の目薬を処方してもらい、しばらく様子をみることになりました。

検査を通じて感じたことですが、

レーシックを受けたクリニックや前回検査をしてもらったクリニックとは違い

患者の訴えを親身になって調べてくれていると思いました。

レーシック その12へ続く・・・
[2009/08/04 23:21] | レーシック体験談 | コメント(0) | page top
<<8月9日の波 | ホーム | cafe kayaにて・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。