スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
レーシック その6
右目の外側がぼやけたまま1週間が経ち、

クリニックで1週間検診がありました。
(2009年3月上旬ごろ)

視力は右目2.0 左目1.5

正式には 右目 S+0.5   C-0.5  A-25
       左目 S+0.75  C-0.25  A-167

☆sは屈折率(+は遠視)、Cは乱視、Aは乱視の角度です。

検査ではよく見えます。

医師との検診がありましたので

「未だに右目の外側がぼやけています」

と伝えたのですが、

「術後の経過は順調です。

 ドライアイかもしれませんので目薬を出しておきます。」

と言われたので、

「左右の乱視はいくつですか?」

と尋ねたら、

「右は0.5 左は0.25です。0.5はほとんど感じない程度ですよ。」

との説明がありました。

実際にもともと0.25の乱視がありましたので、

そんなに異常な数値ではないなと思いました。

しかし特に精密な検査もせずにそのまま終わってしまったので

この時点から、クリニックの対応に不信感が募ってきました。

レーシック その7へ続く・・・
[2009/05/27 20:47] | レーシック体験談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レーシック その5
目薬のおかげか、瞼は翌日にすっかり腫れが引きました。

けれど、右目はブレて見えると言うか、距離感がいまいち取れません・・・

右目のみで物を見ると、酒に泥酔したように気持ち悪くなります。


基本的にパソコンは使わない方がよいとの注意書きがありましたが

見え方が心配になったので少し調べる事に・・・

しかし、パソコンの画面がよく見えません・・・

術後しばらく近くが見えずらいとの注意書きがあったので

またまた、こんなもんかな~なんて思っていました。


手術から2日後、会社に行くと

「どうしたの? 目がすごく赤いよ」

と何人もの人に聞かれ、

「レーシックを受けたんですよ。これは2週間程で白く戻るみたいです。」

と答え、右目の見づらさの説明はあえてしない事にしました。

会社からの帰り道で気付いたのですが、暗い所が非常に見えづらい!!

左目だけではそこそこ見えるのですが、

右目では近視の時のような見え方でした。

この時点で、

あれ?? やっぱ右目は失敗かも・・・

と疑い出しました。

しかも、仕事はパソコンを使うために、かなり目の疲れ、

頭痛、肩こりを感じました。

レーシック その6に続く・・・


レーシック参考サイト

レーシック・視力回復体験談掲示板
[2009/05/25 21:12] | レーシック体験談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レーシック その4
レーシック翌日、期待と不安が入り混じるなか起床しました。

目を開けてビックリ!!

良く見えません・・・

それもそのはず 保護具を付けてますから・・・(笑)

慌てて保護具を外し、外の景色を見て驚きました。



メチャくっきり見える 遠くの山も良く見える

曇って見えたのは全く無し


けれど右目の外側がぼやけて見えるのは何故??

また、必要以上に瞼が腫れているの何故??


取りあえず、レーシック翌日は必ず検査を受けなければいけないので

電車に乗ってクリニックに向かいました。


クリニックでは

オートレフ(気球のやつ) 眼圧検査 ランドルト環の視力検査をしました。

検査をしてさらにびっくり・・・


一番下(2.0)まで見えるよ

それも目を凝らさずに楽々


医師と検診がありましたので、

右目の外側がぼやけて見えると伝えたら

「少しだけ炎症が出ています。まだ翌日なのでしばらく様子を見てください。」

と言われ、炎症止めの目薬を追加してもらいました。

そんなものなのかな~と単純に思いクリニックを出ました。


もしかしたら瞼が腫れているせいか、

内出血のせいかもと思いしばらく様子を見ることにしました。

レーシック その5に続く・・・
[2009/05/21 21:53] | レーシック体験談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レーシック その3
とうとうイントラレーシックを受けます。

具体的な話は、リアルに書くと気分が悪くなる方が

いるかもしれないので省く事にします。


術後しばらくして休憩室から出て、

目薬や今日から気を付けなければならない項目の説明がありました。

まだ少し曇って見えますが、視力はすでに良くなっていることを感じました。

右目だけ外側が若干ぼやけていたのですが、

白く曇る事は術前に説明があったのでその時はあまり気にしませんでした。


少し曇っていたのですが、電車で帰って行く道中の看板や外の景色などが

驚くほど見えていて感動しました。

しかし、両目の内出血がひどく これは2週間程で直るとの事です。



電車を降り、友人が車で迎えに来てくれたのですが、

家に辿り着く前に麻酔の目薬が少し切れてきて

涙がボロボロ、目がシパシパした感じで

まともに会話ができませんでした・・・


家に帰った時には完全に麻酔が切れてました。

3種類の目薬を1時間ごとに5分間隔でささなければいけません。

痛み止めの目薬もあったのですが、回復に少し影響が出ると

注意書きがあったので使わない事にしました。

おかげで、涙ボロボロ、目薬のせいか鼻水もダラダラ・・・

寝るまでの4時間の間に 

かなりのサイズのティッシュの山が出来てました。(笑)

日帰り手術で簡単に回復すると思っていたので、

結構辛かったです。


術後1週間は寝るときに保護具を付けなければならず

テープで貼り付け グッスリ寝ました。

レーシック その4に続く・・・
[2009/05/18 22:11] | レーシック体験談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レーシック その2
レーシック その2

いよいよ、手術当日

期待と不安を抱えてクリニックに向かいます。

帰りは目の痛みがあるかもしれない事と、

前回同様に目薬の関係で運転は無理だと判断していたので

駅まで友達に送ってもらうことにしました。

前日にレーシックの動画をネットで見たので、

車内ではその話で持ちきりでした。


クリニックに着くと相変わらずの人・・・

簡単な検査をして医師との最後の検診がありました。

HPにウェーブフロントが無料で追加できるとの項目があったので

一応質問してみました。

医師に「ウェーブフロントは追加できますか?」と質問したら

「あなたは角膜の形状が良いので必要ないですよ」との回答。

「患者が希望しているのに追加してくれないのですか?」と質問すると、

「全員に追加していたら経営が成り立たないですから・・・・」

 意味不明

再び「必要となる判断材料はなんですか?」と質問すると、

かなりアタフタした感じでカルテをペラペラめくり、

「今、院長を呼んできます。」と言ってそそくさと退出して行きました。


数分後

手術服を着た院長さんが診察室に入って来て、カルテをひと通り見て、

「あなたの角膜はかなり綺麗な形状をしています。

 こんなに綺麗な人はなかなかいません。

 ウェーブフロントを追加する必要は全くないですよ。」と説明してきたので、

前回同様に「判断材料はなんですか?」と尋ねると、

ウェーブフロントアナライザの結果の用紙を出し、

「この結果を見てください。

 乱視が若干ありますがほとんど歪みのない角膜です。
 
 ウェーブフロントを追加しても見え方に差はほとんどないと思います。」

結果の用紙を見せてもらい、一応納得しました。

そして最後に院長さんに

「先ほどの医師が、全員にウェーブフロントを追加すると

 経営がなりたたないと言ってましたが・・・」

と尋ねると、

「そんなを言ってましたか・・・ 必要な人には必ず追加していますから・・」

とあっさり話を止められてしまいました。


この時点でかなりの不信感はあったのですが、

手術を決断してきたので受ける事にしました。

レーシック その3に続く・・・
[2009/05/17 21:35] | レーシック体験談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。